今、山に行きたいんです。

山が好き 旅が好き 行きたいときに行きたいところへ

[冬山・雪山登山を始めよう④]行動着編 薄手のフリースと厚手のフリースの2枚あれば、どうにかなるっしょ。

f:id:KimAiZero:20201116211934j:plain:w200:left 行動着は、フリース・ソフトシェル・化繊綿と、厚手や薄手など選択肢が多いです。

行動着もモンベルで見ていたのですが、今回は持っているものを使うことにしました。

選び方などまとめてみたので、ぜひご覧ください。

[目次]

※冬の山は、天候によって寒さや雪の状況がかなり変わりますので。必ず山に行く前に現地の情報をチェックしてください。ここの情報はあくまで参考までに!

冬山・雪山登山(積雪期登山)

www.kimaizero.com

行動着

行動中は、ハードシェルジャケットを脱いで行動することもあります。そんな時に着るのが行動着です。撥水性のあるものでと多少の雪でも着ることができたり、軽くて保温性が高かったりと選択肢がたくさんあり、大変でした。

行動着の特徴

行動着特徴としては、保温性があり、蒸れにくいことです。フリースやソフトシェル、化繊綿などがあるので、それぞれの特徴を挙げていきます。

フリース
  • 軽くて柔らかく、着心地がいい
  • 防風性はないため、通気性がいい
  • 雪が付着すると、そのまま溶けて濡れてしまう
ソフトシェル
  • 防風性が高い
  • 撥水素材のものが多く、雪が付着しにくい
  • ハードシェルの代わりに、アウターに使えるモノもあり、動きやすいそうです
化繊綿
  • 保温性が高い
  • 汗などの濡れに強い

行動着・中間着の選びで悩んだ点

フリースかソフトシェルか、化繊綿か
まず私は動くと、すぐに暑くなるので「化繊綿」は除外しました。ソフトシェルかフリースかで悩みましたが、とりあえず、ハードシェルジャケットの下に着る行動着は、夏山や秋山で使用している「フリース」と「フリースとソフトシェルの間?のもの」に!

ハードシェルパンツの下の中間着は、「フリース素材」のモノを購入しました。

厚手か、薄手か
厚手のものにするか、薄手のものにするかは、天候次第で、かつ私の体感による…。そんなん言われてもわからんよーーーーっ。ということで、悩みましたが、よく考えたら、家に厚手も薄手もフリースあるやん!

余談ですが、「トレールアクション」シリーズ
モンベルの「トレールアクション」というフリースですが、雪が付きにくい素材を使っているということで気になりましたが、かなり細身だったので断念しました。サイズが合う細身の方には、とてもおすすめそうでしたよ~!

山と道「Alpha Anorak」(¥33,000 +税)

普段着兼秋山登山用に、2年ぐらい前に購入したものです。これが雪山のための保温行動着でした(笑)ようやく本領を発揮してもう時が来た!!!

着心地はフリースのような感じで、ベンチレーションも付いています。また、デザインも素敵で、行き帰りも着やすいです!詳しくはサイトでチェックを。

www.yamatomichi.com

ノースフェイス「マウンテンバーサマイクロジャケット」(税込¥11,880)

これも何年も使っているので、持っているのは前のモデルです。夏山で使っている薄手のフリースなので、暖かい日や春の残雪期に使用したいと思います。

着心地といい、デザインといい、とっても満足している一品です。ただ、ヘビーに使い過ぎて、毛玉や色あせが気になっている…。笑




買い物疲れる…。だいぶ買いそろえましたが、まだまだ買うものがある…。


山好きな方は、ぜひこちらもチェック!!!にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ

興味を持っていただけたら、ぜひ読者登録を!