今、山に行きたいんです。

山が好き 旅が好き 行きたいときに行きたいところへ

[個人ウォーク編]ミルフォードトラック1日目

※2019年02月17日~2019年02月20日にミルフォードトラックを歩いた時の記録

f:id:KimAiZero:20200421223920j:plain

1日目は、バスとボートでの移動がメインとなります。ミルフォードトラックに入ると、1時間半ほどで山小屋「クリントンハット」に到着します。ただ、その短い時間の中にも、手つかずの自然の絶景が!!!写真を撮ったり、バードウォッチングをしたり、ゆっくりと楽しんでいていきます。

 

[目次]

 

ミルフォードトラック1日目

クイーンズタウンからだと5時間かけて、ミルフォードトラックのスタート地点であるグレードワーフに到着します。今日は、クリントン川沿いを美しいブナ林の中を歩き、クリントンハットへ向かいます。

距離:5㎞ コースタイム:1-1時間半

 

11:40 Glade Wharf(グレードワーフ

f:id:KimAiZero:20200421161546j:image

ミルフォードトラックスタート地点です。日によっては、サンドフライがたくさんいますが、寒すぎたり暑すぎたりすると、まったくいない日もあります。ボートでは虫よけスプレーが使えないので、必要であればここで振りかけまくります。準備が出来たら、早速出発しましょう。

 

f:id:KimAiZero:20200421165607j:plain

初日は、こんな感じの緩やかなトレイルが続きます。日本とは違う雰囲気を楽しみながら、ゆっくりと歩いていきます。サルノコシカケがあったり、可愛い鳥さんがいたり、写真を撮りまくりながら歩きます。

 

12:05 Glade House(グレードハウス)

f:id:KimAiZero:20200421170825j:image

ガイド付きイカーの宿である、グレードハウスに到着です。シャワーあり、電源あり、3食付きで、お金を払えば個室にグレードアップも可能です。ここは、山小屋ではなく、ホテルです。(笑)

 

ガイド付きハイカーが歩く、秘密の裏山を1時間ほど散歩しに行っちゃいました。そこで出会ったのが、ミルフォードのクマさんです↓↓↓

f:id:KimAiZero:20200421171039j:plain

※ミルフォードトラックには、クマはいません。

 

13:15 Glade House(グレードハウス)

f:id:KimAiZero:20200421165341j:plain

Clinton Riverクリントン川)にかかる橋を渡って、Clinton Hutクリントンハット)へ向かいます。晴れている日は、ここでいでる外国人がいたりします。

 

f:id:KimAiZero:20200421171007j:plain

ミルフォードトラックは33.5マイル(54㎞)と言われいて、マイルマーカーが33本立っています。今回は33本のマイルマーカータッチしながら、ゴールを目指します(笑)

 

f:id:KimAiZero:20200421172754j:plain

ミルフォードトラックでよく見られるのが、Bush Robin(ブッシュロビン)というとても人懐っこい鳥です。じーっと立ち止まっていると寄ってきます。ラッキーだと、靴を突いたり膝に乗ってきたりもするそうです。

 

f:id:KimAiZero:20200421173418j:plain

ボートを使わずに、ミルフォードロードから歩いてくる人は、Dore Pass(ドアパス)を超えて、グレードハウスに出てくるそうです。結構ハードだという噂を聞きました。

 

14:05 Wetland Walk(ウェットランド ウォーク)

f:id:KimAiZero:20200421171335j:plain

日本でいう湿原です。ニュージーランドには、たくさんの湿原があったそうですが、今ではかなり数も少なくなり、貴重だそうです。荷物はデポして行きました。

 

f:id:KimAiZero:20200421173344j:plain

れていれば、なかなかの絶景なのですが、この日はイマイチ...。水を吸った面白いが、一面を覆っていました。そして、湿原にしかない珍しい花や植物もあるそうです。

 

f:id:KimAiZero:20200427095146j:plain

クリントン

湿原を出て15分程歩けば、クリントンハットに到着します。その前に、川沿いでゆっくりと過ごしましょう。自己責任ですが、ミルフォードトラックの川の水は飲めるそうです。美味しかったですよ(笑)

 

14:30 Clinton Hut

f:id:KimAiZero:20200427101419j:plain

あっという間に、クリントンハットに到着しました。まだまだ歩き足りないような気もしますが、長時間の移動での疲れもあるので、ゆっくりしましょう。

 

ニュージーランドのハット(山小屋)情報(グレートウォークスの場合)

グレートウォークスのハットは、日本の山小屋と避難小屋の間のような感じでしょうか。管理人さんはいますが、売店や食事の提供はありません。どこのハットでも、夕方ごろにハットトークがあり、次の日の天気予報やトレイルについての説明があります。寝具もマットレスはありますが、寝袋は持参する必要があります。電気はないので、夜はヘッドライト必須です。

バンクベッド(2段ベッド)の小屋と、キッチンとダイニングの小屋、トイレの小屋、レンジャー(管理人)の小屋に分かれていることが多いです。小屋の中は登山靴禁止なので、サンダルなどを持っていく必要があります。小屋間の移動はサンダルのままで大丈夫です。

 

Clinton Hut(クリントンハット)

f:id:KimAiZero:20200421171840j:plain

クリントンハットの様子です。早く到着したので、奥に見えるフラフープで遊んだり、コーヒーを飲んだり、ゆっくりごしました。

 

ベッドの小屋

f:id:KimAiZero:20200421172636j:plain

クリントンハットには、2段ベッドが引き詰められている小屋が2つありました。マットレスは備え付けられているので、寝袋だけ持参すればOKです。私は、いつも耳栓とアイマスクも持っていきます。

早めのボートに乗ったのが功を奏して、奥の隅っこのベッドを確保できました。マットレス厚さがしっかりとしているので、よく寝れました。

 

 

f:id:KimAiZero:20200421171926j:plain

ベッドを選んだら、入口にある紙に予約番号などを記入します。

 

 Nature Walk(ネイチャーウォーク)

f:id:KimAiZero:20200421172117j:plain

何時からだったか忘れましたが、ハットのレンジャー(山小屋の管理人)が周りの植物について説明してくれました。

 

キッチンとダイニングの小屋

f:id:KimAiZero:20200421172043j:plain

ガスコンロが備え付けられているので、自由に使うことができます。また、食器用洗剤とスポンジも置いてあるので、使い終わったお皿を洗うこともできます。乾かす場所はないので、食器を拭く手ぬぐいがあると便利です。

※洗剤とスポンジはなくなってることもあるので、持って行った方がいいかと思います。

日本も同じですが、食べもののカスなどは流さないようにしましょう。ゴミもすべて持ち帰りとなります。

水道のお水は煮沸推奨ですが、自己責任でそのまま飲ん出る人もたくさんいます👍※屋外に飲み水用の水道もあります。

 

f:id:KimAiZero:20200423132548j:plain

こちらがダイニングです。暇つぶし用の雑誌などが置いてあることもあります。ストーブがあるので、寒くても安心です。

 

f:id:KimAiZero:20200421172608j:plain

私は鍋やフライパンを持っていないので、自分のジェットボイルでお湯を沸かして、夜ご飯にアルファ米のチキンカレーを食べました。

 

トイレ

ハットにあるトイレは、比較的綺麗です。また水道もあるので、そこで歯磨き粉で歯磨きすることも可能です!

 

飲み水

キッチンの水道とは別に、飲み水用の水道がありますので、基本的にはそちらで汲みます。特に煮沸の必要性はなく、そのまま飲める美味しい水です。

 

ハットトーク

レンジャーによる次の日の天気予報やコース、そしてミルフォードトラックについてのお話があります。大切な情報が盛り込まれていることもあるので、参加するようにしましょう。

ついでに、明日の天気予報は、晴れのち大雨ということでした...。

 

 

さてさて、明日はどうなるでしょうか???