今、山に行きたいんです。

山が好き 旅が好き 行きたいときに行きたいところへ

冬山登山での行動着で、化繊の中綿ってどうなの?

冬山登山で、化学繊維(ポリエステル)の中綿ウェアを中間着に使えるの?!そんな疑問にお答えします。

f:id:KimAiZero:20210217082000j:plain

[目次]

冬山での行動着について

アンダーを着た上に、行動着を着用します。選択肢としては、フリースか化繊の中綿ウェアになるかと思います。

www.kimaizero.com

行動着としての化繊の中綿ウェアの特徴

  • 保温性が高い
    フリースに比べると、保温性が高くなります
  • 汗や水に強い
    ダウンは濡れると保温性がなくなりますが、化繊の中綿は濡れても保温性を維持してくれます

冬山の行動着としての中綿ウェア

あくまで個人的な意見ですが...

「保温能力が高すぎて、暑すぎる」可能性がある。

もちろん天候や場所にもよるかもしれませんが、基本的には暑すぎると思います。ラッセルしたり、登ったりと、結構体力を使います。

f:id:KimAiZero:20210217082611j:plain

私は毎回フリースを使っていますが、動いている間の保温性は十分だと感じています。それでも、暑いと感じるときもあるぐらいです。

稜線に出て、風の強いときは、その上にハードシェルやダウンを着れば、大丈夫かと思います。

でも、すごく寒がりの人やハードにやらない人は、化繊の中綿ウェアでもいいかもしれません!

結論的に言えることは、実際に自分で試してみるしかないっ!ってことです🙇笑


山好きな方は、ぜひこちらもチェック!!!にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ