今、山に行きたいんです。

山が好き 旅が好き 行きたいときに行きたいところへ

[ツアー編]豪華で快適!?ミルフォードトラックを歩こう

※2019年シーズンの情報と写真になります

f:id:KimAiZero:20200502101932j:plain

世界一美しい遊歩道「ミルフォードトラック」のツアーといえば、アルティメイト・ハイクスの「ラグジュアリーツアー」でございます。

豪華なプライベートロッジに、夜はディナーコースで3食付き。さらに、ロッジ内には、バーがありワインやビールを楽しめます。

 

今回は、ミルフォードトラックツアーの内容と、ツアーに参加するメリットを掘り下げてお話していきたいと思います。

[目次]

 

ミルフォードトラック

ミルフォードトラックの概要と、クイーンズタウンへのアクセスについては、以下の記事にまとめています。

kimai-outdoor.hatenablog.com

 

ミルフォードトラックのツアー

以前もお話しましたが、ミルフォードトラックは入山者数をコントロールしているので、歩きたい場合は予約をしてから行く必要があります。

 

Ultimate hikes(アルティメイト・ハイクス)

ミルフォードトラックの全行程3泊4日にツアーをしているのは、アルティメイト・ハイク社のみになります。個人ハイカーとは別に、ツアーのハイカー専用のプライベートロッジやシェルターがトラック上に立てられていますので、とても快適に歩くことができます。

ツアーの出発地点は、クイーンズタウンかテ・アナウか選ぶことができます。出発の前に、事前説明があるので、遅くとも、前日の午前中には、出発する街に到着するようにしましょう。

Facebook割引情報もたまに上がっていますので、フォローしておくといいと思います。また、ルートバーントラックと一緒に申し込んでも割引があったはず!

 

日本出発ツアーについて

アルティネイト・ハイク社のツアーにグループで参加することになりると思います。基本的に添乗員さんが一緒に参加となるので、英語ができなくても安心です。

 

山小屋ではなく、ロッジ

f:id:KimAiZero:20200502130111j:plain

アルティメイト・ハイク社のプライベートロッジは、山小屋とは程遠い「豪華ロッジ」です。いや、ホテルと言っても過言ではないかもしれません(笑)

 

ダイニング

f:id:KimAiZero:20200502130232j:plain

朝食はシリアルやパンなどの洋食です。

昼食は、サンドイッチラップサンに野菜やハムなど挟んで、自分で作ります。アジア人が多いと、ライスがでることもあります。

夕食は、コースディナーとなっていて、デザートまで出てきます!アルコールやジュースなどは別料金となりますが、ニュージーランドワインは美味しくおすすめです。

 

部屋[バンクベッドと個室]

f:id:KimAiZero:20200502130226j:plain

プライベートルーム

個室には、プライベートシャワートイレがついています。コンセントも部屋についていますので、スマホなどの充電も可能です。

また、バンクベッドルームを含むすべての部屋に、ヒーターが備え付けられており、バスタオル湯たんぽマット掛け布団なども置いてあるものを使えます。

バンクルームに泊まる場合は、出発前に配布されるベッドシーツを持っていく必要があります。コンセントやシャワー、トイレ、ドライヤーは共有となります。

 

共有の洗面所とシャワー室

シャワー室にはシャンプー、コンディショナー、ボディソープが備え付けられていますので、持っていく必要はありません。洗顔歯ブラシ・歯磨き粉はないので、必要な方は持っていきましょう。

 

ランドリー室と乾燥室

すべてのロッジに洗濯石鹸水場があります。乾きやすい服であれば、早めに洗って、乾燥室に干しておけば、次の日に着ることも可能です。

 

ミュージアム

f:id:KimAiZero:20200502130236j:plain

1泊目のロッジには、ミルフォードトラックの歴史を見れる小さなミュージアムがあります。宿泊者でないと入れないので、泊まったさいにはぜひチェックを!

 

トレイル上では

 ネイチャーウォーク

f:id:KimAiZero:20200502141826j:plain

1日目は、ロッジに着いた後、自由参加型のネイチャーウォークがあります。ミルフォードトラックの特徴や植物動物について、ガイドさんが説明してくれます。

 

見どころ説明
f:id:KimAiZero:20200502141838j:plain f:id:KimAiZero:20200502141857j:plain

トレイル上には、マッキンノンなど昔の人が使っていたとされるモノがっていたりします。これも、ガイドがいなければ気づかないと思いますよ~!

 

ホットドリンクサービス

f:id:KimAiZero:20200502133055j:plain

ランチスポットのシェルターなどで、コーヒーや紅茶、お茶などのホットドリンクが無料で振舞われます。ガイドはダッシュで準備しに行きますよ~(笑)

 

悪天候時のエスケープ

f:id:KimAiZero:20200502134117j:plain

 

f:id:KimAiZero:20200502134327j:plain

ガイド判断により、ツアー続行

ミルフォードトラックでは、腰まで水に浸かって歩くこともあります。ラッキーだと、絶滅危惧種ブルーダックが横を通ることもあるかもしれません!

そして、私の個人ウォークのミルフォードトラックは、山小屋で停滞という結果でした。しかし、同じ日のツアー客は、先に進み、次の日はヘリコプターを使って、洪水の起きている一部のコースを飛んだか、ミルフォードサウンドまで飛んだからしいです。

 

ミルフォードサウンド

ユネスコ世界遺産登録地であり、長い年月をかけて、氷河に削られたフィヨルドであり、絶景が広がっています。ミルフォードサウンド大自然の中でのクルーズは、とても有名です。

マイターピークロッジ

f:id:KimAiZero:20200502150312j:plain

f:id:KimAiZero:20200502150329j:plain

前菜

f:id:KimAiZero:20200502150302j:plain

メイン

f:id:KimAiZero:20200502150314j:plain

デザート

マイターピークロッジでは、最後の総括と、豪華なディナーが待っています。早い者勝ちですが、ランドリー室(洗濯機と乾燥機)もあります!

 

ミルフォードサウンドのグルーズ

f:id:KimAiZero:20200502144452j:plain

f:id:KimAiZero:20200502144609j:plain

f:id:KimAiZero:20200502144638j:plain

マイターピークロッジで一泊した後は、ミルフォードサウンドでのクルーズです。ミルフォードトラックだけでなく、ミルフォードサウンドも堪能してから、帰りましょう。

 

 

だいたいツアーは、こんな感じだと思います。

日本では考えられないくらい快適なハイキングになると思うので、ぜひ参加してみたいものです💰💰💰