今、山に行きたいんです。

山が好き 旅が好き 行きたいときに行きたいところへ

[個人ウォーク編]ミルフォードトラック4日目(最終日)

※2019年02月17日~2019年02月20日にミルフォードトラックを歩いた時の記録

f:id:KimAiZero:20200428103023j:plain

昨日はクリントンハットに1日待機でしたが、本日はGOサインが出ました。私たちは、早朝にマッキンノンパスに登り、そのままミルフォードトラックを反対方向に歩き、グレードワーフへ向かいます。昨日の天気が嘘のような快晴。しかし、トラックにはまだ水がたくさん。アクシデントに遭遇しながらも、無事テアナウへ戻れました。

[目次]

 

ミルフォードトラック4日目

通常のミルフォードトラック4日目

ダンプリングハットから、ボートシェッドまでアーサー川沿いに歩いていきます。さらに進んでいくと、美しいマッケイ滝やベルロックに見ることができます。ラスト4マイルのところには、ロッキーカッティングという、岩壁を人力で掘って作られたトレイルがあり、そこから見えるアーサー川の景色は最高です。そこを超えれば、ミルフォードトラックのゴール地点「サンドフライポイント」まで、あっという間です。サンドフライポイントに到着したら、ミルフォードサウンドまではボートで20分ほど。そこからは、バスでテ・アナウまたはクイーンズタウンまで帰ります。

距離:18km コースタイム:5時間半ー6時間

 

私たちのミルフォードトラック4日目

ダンプリングハットから、ジグザグを登ってマッキンノンパスへ登ります。そこから、来た道を引き返して、ダンプリングハット、クリントンハットとグレードワーフまで歩いて戻ります。グレードワーフから、1時間半ボートに乗り、テ・アナウ(または、クイーンズタウン)まで戻ります。

距離:29km コースタイム:8-10時間?

 

06:15 Mintoro Hut(ミンタロハット)

f:id:KimAiZero:20200428102931j:plain

ヘッドライトを付けて、ミンタロハットを出発します。昨日知り合ったコロンビアボーイも一緒なので、暗くても心強い!

14マイルマーカーを過ぎると、ジグザグの登りが始まります。

 

f:id:KimAiZero:20200428102945j:plain

たまりが見えずに、ハマる...

 

06:50 15 mile marker(15マイルマーカー)

f:id:KimAiZero:20200429093551j:plain

ここがジグザグの中間地点!明るければ絶景が広がっています。

 

f:id:KimAiZero:20200428102958j:plain今回はまだ何も見えませんが、がだんだん明るくなってきました!山頂での景色に期待して、登っていきます。

 

07:24 16 mile marker(16マイルマーカー)

f:id:KimAiZero:20200428103011j:plain

16マイルマーカーを過ぎれば、すぐにマッキンノンパスに到着です。がだんだんオレンジ色に変わってきました。普段は見れない景色に感動です。

 

07:25 Mackinnon Pass(マッキンノンパス)

f:id:KimAiZero:20200428103023j:plain

コロンビアボーイが一番乗りで、私たちは二番乗りでした(笑)

 

f:id:KimAiZero:20200429095944j:plain

日の出前のマッキンノンパス静けさは最高でした。また行きたいな。

 

09:32 Mintaro Hut(ミンタロハット)

f:id:KimAiZero:20200429101031j:plain

戻ってきてから、10~15分ぐらい休憩して準備して、グレードワーフへ出発です。16時30分の最終ボートに乗るので、7時間しかありません。間に合わなかったらオワリなので、ペースを上げて歩く予定です。

 

f:id:KimAiZero:20200429102410j:plain

昨日、一昨日とは打って変わって、雲一つない快晴です。まるで違うトレイルを歩いてるようでした。

 

f:id:KimAiZero:20200429102357j:plain

St Quintin Falls

行きは見えなかった、クリントンにある滝が見えました!水量も多いし、立派です。

 

f:id:KimAiZero:20200429103747j:plain

急いで歩くと言いつつも、この絶景の中で写真を撮らないわけにはいきません。笑

 

10:45 11 mile marker(11マイルマーカー)

f:id:KimAiZero:20200429104951j:plain

岩壁をたくさんの水が流れていました。

 

11:18 10 mile marker(10マイルマーカー)

f:id:KimAiZero:20200429105136j:plain

も水を含んでいて、きれいな緑色になっています。

 

11:35 9 mile marker(9マイルマーカー)

f:id:KimAiZero:20200429121941j:plain

まだまだ、たくさんのがトラックに残っていました。

 

f:id:KimAiZero:20200429105747j:plain

木漏れ澄んだ

 

11:58 8 mile marker(8マイルマーカー)

f:id:KimAiZero:20200429105919j:plain

などの植物を踏むのはダメだとわかっているんですが、真ん中突っ切ると、完全に登山靴浸水するので、ごめんなさいしながら、脇を歩きます。

 

12:20 7 mile marker(7マイルマーカー)

f:id:KimAiZero:20200429110049j:plain

氷河によって削られたU字谷がきれいです。やっぱり青空の下を歩くのも気持ちいいですね。

 

12:43 6 mile marker(6マイルマーカー)

f:id:KimAiZero:20200429110203j:plain

いつもは穏やかなが、激しいことになっています。

 

13:10 5 mile marker(5マイルマーカー)

f:id:KimAiZero:20200429110356j:plain

だいたい、1マイル30分ぐらいのペースが目安なので、なんとか最終ボートに間に合いそうです。しかし、まだまだ油断はできないので、空腹に耐えて、スナックをつまみながら進んでいきます。

 

14:57 1 mile marker(1マイルマーカー)

f:id:KimAiZero:20200429111034j:plain

ここまで来れば、確実に間に合う!ということで、川沿いのでお湯を沸かして、アルファ米を準備して、グレードハウスの前でランチタイムしました。ここから、グレードワーフまでは、20分程です。

 

15:55 Grade Wharf(グレードワーフ

f:id:KimAiZero:20200429111626j:plain

無事にボート乗り場であるグレードワーフに到着しました。安心すると、どっと疲れがきますね。

 

16:30 Glade Wharf

f:id:KimAiZero:20200429104518j:plain

ボートが出発して、1時間ほどでテ・アナウダウンズに到着したと思います。

 

Te Anau Downs(テ・アナウダウンズ)

ここでアクシデントが!!!

バスが来ない...。そして、スマホ圏外...。たまたま通ったバスだったか、ほかの客をピックアップするバスだったか忘れましたが、親切バスドライバーのおっちゃんがテ・アナウまで乗せてくれました😊

 

Te Anau(テ・アナウ) 
f:id:KimAiZero:20200429132236j:plain

テ・アナウに戻ってからは、シャワーをして、アイスクリームを食べに行きました!それから、お気に入りの中華料理屋さんでテイクアウト!

 

ミルフォードトラックの感想

まず予約するのが大変です。当日にはハイシーズンの空きがほとんどなくなってしまいます。私は学校の授業の関係もあり、予約開始2時間後にアクセスをしたのですが、かなり満室状態なっていて驚きました。とはいえ、お互い特に土日でなければダメというわけでもなかったので、適当に予約できたんので良かったけど(笑)

ただ、予約できたからと言って、天気がどうなるかまではわからない...。ということで、まさか大雨で同じ山小屋に2泊するとは思ってもいませんでした!ミルフォードトラックの後半を歩けなかったことは、とても残念ですが、小屋で停滞やミルフォードトラックを逆に歩くという、普段ではできない経験ができたことは良かったかなと思います。

入山数を制限することによって、ありのままの自然を残す。透き通った川に、きれいな苔が生息してて、たくさんの鳥たちの楽園でもある。人間にとっても、あこがれの地となり、癒しの地となる。富士山も入山制限したらいいのになって思ったりしました。