今、山に行きたいんです。

山が好き 旅が好き 行きたいときに行きたいところへ

ミルフォードトラックへのアクセスと歩き方

※2019年02月17日~2019年02月20日にミルフォードトラックを歩いた時の記録

f:id:KimAiZero:20200430083431j:plain

世界一美しい遊歩道「ミルフォードトラック」

をご存じでしょうか?私は一昨年まで知りませんでしたが、世界一と言われれば行きたくなりますよね。ただ、1日の入山者数を制限しているので、交通手段と山小屋を予約してからでないといけないんです。

 

今回は、ミルフォードトラックの出発地となるクイーンズタウン、テ・アナウまでのアクセス方法とツアーと個人ウォーク予約についてのお話をします。

[目次]

 

世界一美しい遊歩道「ミルフォードトラック」

f:id:KimAiZero:20200425122744j:plain

ニュージーランドの南島「フィヨルドランド国立公園」にあり、世界一美しい遊歩道 The Finest Walk in the world と言われています。

テアナウ湖からスタートし、グレーシャーにより削られた谷を歩き、峠を越えて、また谷を歩いて、ミルフォードサウンドに抜けていきます。人数制限をすることによって、原生林や川、滝などが手つかずのままに残されています。また1年のうち200日以上雨が降ると言われ、きれいな苔やシダに覆われているのが特徴です。

晴れの日に絶景が見れるのはもちろんですが、雨の日はいつも以上に苔やシダなどの緑がきれいに見え、普段は見れないたくさんの滝現れます。浸水した登山道を歩くこともありますが、日本ではできない経験なので楽しめます(笑)

 

 

クイーンズタウンへのアクセスと航空会社

日本からクイーンズタウンまでの直行便はないので、東京からだとオークランド経由シドニー経由で、大阪からだと東京・オークランド経由シドニー経由となります。

※大阪からオークランドまでの直行便は、期間限定(ニュージーランドの夏)でニュージーランド航空が運行しています。

 

ニュージーランド航空オークランド経由)

f:id:KimAiZero:20200419094108j:plain

いちばんおすすめです!

ニュージーランド航空は頻繁にセールをしているので、サイトやフェイスブックなどのSNSをこまめにチェックしましょう。オークランド往復で10万円以下になることもありますよ。

基本的に、日本発着の直行便だと日本語対応も可能なはずです。

 

カンタス航空シドニー経由)

f:id:KimAiZero:20200425131952j:plain

カンタス航空といえば、LCCですね。基本的にお安いですが、ニュージーランド航空のセールを使えば、特に使うことはないかと思います。ぎりぎりで航空券を購入した時は、カンタス航空の方が安かったです。

ただ、日本語対応がないこともあります。映画などのコンテンツも...個人的にはイマイチでした。

 

ジェットスターオークランドからクイーンズタウン

f:id:KimAiZero:20200419094610j:plain

ジェットスターといえば、日本でもお馴染みのLCCです。しかし、おススメはできませんっ!ニュージーランドで国内移動する場合の料金は安いですが、ニュージーランド航空に比べるとかなり遅延が多いです。本当に多すぎます。遅延も1時間なんてものではありません...。

特に時間が縛られずに、旅をしている人ならいいかもしれませんが、せっかくの旅行で6時間とか遅れると...実体験です。

 

ここからは 個人で歩かれる方ようの情報です

クイーンズタウンからテ・アナウへ

DOCのサイトでも予約できたような気もしますが、確かではないので、一応バスの予約サイトの情報を載せておきます。

基本的にニュージーランドのバスは InterCity のサイトでオンライン予約となります。早割り直前割のようなものがあるので、値段が変動します。

 

テ・アナウは、日本人観光客も少なく、静かでいいところです。今度、観光情報でも載せようかと思います!!!

f:id:KimAiZero:20200419094716j:plain 

レンタカーを利用する

クイーンズタウンレンタカーを利用して ボート乗り場の駐車場に停めておくことも可能です。ただボート乗り場に停めなくても、テアナウのホテルとかに止めとけばいい気もする...。

ついでに、テ・アナウでレンタカーすることも可能ですが、台数も少なく、料金も高くつくので。クイーンズタウンで借りましょう

 

 

ミルフォードトラックの歩き方

ミルフォードトラックは入山者数をコントロールしているので、歩きたい場合は必ず予約してから行くようにしてください。

 

日本発着のツアー

日本の出発から帰国まで、添乗員さんが付くツアーです。添乗員さんも一緒に現地のガイド付きツアーに参加することになるので、安心です。

[メリット]

  • 添乗員さんが付くので、日本語が話せなくても安心
  • 効率の良く観光することが可能
  • ミルフォードトラックでは、3食の食事とスナックが付き、きれいなロッジにはシャワーもコンセントもあるので、少ない荷物で快適に歩くことができる
  • 万が一のアクシデントにも対応してくれる

[デメリット]

  • お値段がか~なりお高い
  • 自由時間が少ない

 

現地(クイーンズタウンまたはテアナウ出発)のツアー

f:id:KimAiZero:20200425135645j:plain

現地でミルフォードトラックのガイド付きツアー(3泊4日)を行っているのは、アルティメット・ハイク社のみです。ツアーの申し込みは、オンラインですることができます。

[メリット]

  • 日本発着のツアーと比較すると、安い
  • 自由に観光することが可能
  • ミルフォードトラックでは、3食の食事とスナックが付き、きれいなロッジにはシャワーもコンセントもあるので、少ない荷物で快適に歩くことができる

[デメリット]

  • 現地の旅行会社となるので、英語力が必要
  • 交通機関や宿泊施設をすべて自分で手配しなくてはならない
  • 日本発着のツアーと比較すれば安いが、やはりお値段はかなり高い

 

ついでに、「日本語を話せるガイドをつけて」と申し込み時に書くと、付くこともあったりするとか、なかったりするとか...(笑)

 

個人で歩く

f:id:KimAiZero:20200425135827j:plain

DOC(the Department of Conservation)のサイトから、山小屋も交通機関も予約可能です。

[メリット]

  • とにかく安い(ただ値段がころころ変わるので要チェック)
  • 自由時間しかないので、自由
  • ハイキング中も静かに歩くことができ、早朝出発したり、好きな場所でランチをしたり、気を遣わずに行動できる

[デメリット]

  • すべての予約の手配や計画を自分でしなくてはならない
  • 3泊4日分の荷物に加え、寝袋や防寒着などを担ぎながら歩くので、ある程度の体力が必要
  • 山小屋で管理人が次の日の情報などを話すので、英語力は必須

 

 

次回は、クイーンズタウンでの観光情報と個人ウォーカーのための山ごはん情報です!